スターリングエンジン
発電機

【スターリングエンジンとは】
産業革命以降、蒸気エンジンが動力源の主流となりその全盛期を迎えました。しかし、蒸気エンジンのメンテナンスの難しさや度重なる爆発事故から次世代のエンジンに対する要望が次第に高まっていきまた。そのような時代背景の中で1816年にロバート・スターリングにより実用化されたのがスターリングエンジンなのです。
当時、画期的で安全なエンジンとして工業、農業、などの動力源として利用され始めましたが、まもなく実用化された高性能なガソリンエンジンやディーゼルエンジンに注目が集まり、やがてほとんど忘れ去られた存在となってしまいました。

しかし、温度による気体の体積変化の原理を利用したシンプルなメカニズムが幸いし、熱源(温度差)があれば動力を得られるという特長が注目され、さらに爆発工程がない外燃機関のためNOx、粒状排気物質などの有害排出物が少く抑えられるため、昨今の環境問題(再生可能なバイオマスエネルギーの有効利用)からも再評価されるようになってきました。
太陽熱、地熱、産業排熱、生物資源などの有効利用も可能な、地球に優しい、エコロジカルなエンジンとして、世界中の様々な研究機関や企業がその可能性を研究している『古くて新しいエンジン』 なのです。


【スターリングエンジンで発電してみよう】

ドライブベルトを介して発電するユニットは重厚感のあるダイキャスト製ケースに収まっています。エンジンの回転に伴いユニットに装着されたフルカラーLEDの赤、青、緑、紫、白等の色の七変化が楽しめます。LED下のスイッチで点灯、アウトプットの切換えが簡単に行え、背面の出力端子は4V前後の電源として利用できます。スターリングエンジンを利用した代替エネルギー、バイオマス発電のデモにも最適です。

【ものづくり日本の底力を見せ付けるメカニズムとクオリティー】

スターリングエンジン模型としては世界的にもほとんど類を見ない2ピストン/α型を採用しています。
気密性を保ちフリクションロスを可能な限り抑えなければならないピストン&シリンダー部に高い技術を要しコスト的にも不利となる2つのピストンを必要とするα型で挑戦したことは称賛に値します。
高度なアルミダイキャスト技術、細部に至る細やかさなど、日本の物づくりの底力とコダワリをたっぷりと見せ付けてくれます。


【ロスヨーク機構と細部へのコダワリ】

上部(高温側)と下部(低温側)の2つのピストンの往復運動はロスヨーク機構でコンロッド、T字クランク、支持リンクを介して120°の位相角で連動させています。ロスヨーク機構は機械的ロスの減少化やコンパクト化に有利であるが、複雑となるため高度な製造、加工技術が必要となり、このスターリングエンジン模型の見所の一つです。軸受け、接合部の各部には高級ミニチュアボールベアリングが8個も奢られており、ロスヨーク機構と相まって機械的ロスを極限まで抑える工夫が細部にいたるまで窺えます。ダイカスト部品はリブで補強され堅牢製、耐久性も充分といえるでしょう。

【諸元】

WxDxH ; 90x145x125
ピストン径 ; 18
ストローク ; 11
最高回転数 3000rpm
軸出力 0.6W、アルコールランプ付属 
※Made in Japan


学校、教育関係者様へのご案内


販売価格
30,800円(本体28,000円、税2,800円)
購入数